2006年05月30日

女性専用車両

日本では当たり前になっている、女性専用車両。

6月1日より台鉄でも採用される事になりました。

台湾でははじめての事だそうです。






記事には、「先進国日本などを見習らって」みたいな事が書かれています。

台湾にも痴漢があるんですね。

車両には「女性専用車両」と表示されますが、男性が乗り込んでも罰則はないので、女性を尊重して自重してくださいとのことです。

これは聯合新聞網の記事です。

この中で「自愛」と言う言葉がありますが、電子辞書で調べると、自重するという意味と書かれています。

「請自愛」だと「どうぞご自愛ください」って意味ではなく「自重しなさい」って意味になるんですって。

勉強になりました。
posted by AROA at 09:01| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

機車(スクーター)

台湾に行かれたことのある方はすでにご存知だとは思いますが、台湾はバイクだらけです。

おそらく、中国の自転車が、台湾のスクーターと同じなんではないでしょうか(AROA中国には行った事がないですが)

信号待ちではもの凄い数のスクーターが、まるで暴走族のようです。

これだけバイクが多く、排気ガスを撒き散らしていますので、外を歩いていると喉がやられてしまいます。

だから、バイク乗りにはマスクは欠かせません。

このマスクについてはまたの機会に詳しく書きます。
バイク天国.jpg

はじめて台湾に行った時、ガイドの人にバイクは何人乗ってもいいんで、4,5人乗っているときもありますと言われた時はビックリしました(嘘です。でも台湾ではありえそうですよね)

台湾の町で見かけるスクーターはどれも汚れていて、スプレーで模様を書いたり、落書き?しているのが多くあります。

これは盗難が多いので盗難防止のため、落書きや模様を書いているそうです(AROA盗難防止のためと言ってもスクーターに落書きする根性はないです)

台湾にはGIANT(ジャイアント)と言う世界的に有名な自転車メーカーがありますが、市内では自転車はほとんど見かけませんでした。
bubu.jpg

南拳媽媽が代言人BUBU


これだけバイクが多いとやはり本物の暴走族もいらしゃいます。

台湾では((犬3つ)風)車族といいます。

この集団、地方に行くとたくさんいるようで、ただ走るのではなく、人を襲って怪我をさせたり、死者も出たりと大変問題になっています。

お気をつけくださいませ!

posted by AROA at 19:02| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

台北市内で迷子になったら

知らない街で迷子になったらどうしましょう。

AROAはゆるい性格なので「それはそれで面白いかも」と思ってしまいます。

「まあ、あとでいい思い出になるわ」なんて思ったりもします。

台北市内は京都と同じ「碁盤の目状」に造られてるので迷子になっても比較的安心です。

通りには蒋介石や孫文の雅号や三民主義の用語や古代中国の哲学用語などがつけられています。

台北市.jpg


中心となるのは南北に走る、中山路と東西に走る、忠孝路の交差点です。

一部例外がありますが(建国北路、建国南路他)ここから、北を「〜北路」、南を「〜南路」東を「〜東路」西を「〜西路」となります。

更に、忠孝路と中山路から離れていくと一段、二段と大通りを越えると区切られていきます。

旅行に行かれる前にこのことを知っているといざという時あせらず安心です。

お手持ちのガイドブックで確認してみてください。
posted by AROA at 19:22| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

台湾高速鉄道(台湾新幹線)

台湾新幹線が開通すると台北−高雄間が、今一番早く行くことが出来る「自強号」で約4時間かかるところを、約90分で移動できるそうです。

本当なら2005年の10月末に開通しているはずなのに、予定が遅れてまだ開通していません。(新たな開通予定では2006年10月だそうです)

予定が遅れたのには色んな理由があり、どこの国にもある手抜き工事や色んな国のシステムを導入した事による混乱などが言われてます。

台湾高速鉄道.jpg


AROAがちょっと前に台湾高速鉄道の事を取り上げているTVを見たとき、建設工事に携わってる人が、こんなことを言ってました。

「電線を切断して持って帰る、電線泥棒が横行している」

盗んだ電線をむいむいして(めくって)中の銅線を取り出して、中国に密輸するらしいのです。(中国では銅不足で高く売れるらしいです)

その取材中も勝手に工事現場に入ってきて普通に盗んでるところが映ってました。

電線を切るのにでっかいカッターみたいなのを使うので、捕まえるのも、それで反撃されるので怖くて出来ないそうです。(そらそうや)

この盗まれた電線の長さは台北-高雄までの距離を超えているそうです。

取材班が泥棒にインタビューをしているのを見ると、近所の普通のおじさん、おばさんで、「買い取ってくれる人がいるから取りに来た」みたいなことを平気で言ってます。(まるで潮干狩りにでも来た感じで)

工事の人たちがこの電線泥棒対策として考えたのが、以前は試験走行区間にだけ流していた6600ボルトの高圧電流を全線に流すというのです。

台湾高速鉄道線路.jpg


AROAが気になるのはこの後どうなったかです。

その後TVで報道されてないのでどうなってるんでしょうか?

線路脇にはバッタバッタ人が倒れてるんでしょうか?






posted by AROA at 18:34| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

バスに乗る (公車)

バスに乗るにはただバス停で待っていてもダメです。

ここは台湾、バス近づいてくれば、素通りされないようを上げましょう。

そしてバスに乗り込んだらまず、運転席辺りを見回して、運賃の支払い方法を確認してください。

下車収票なら降りる時に支払います。

上車収票なら乗った時に支払います。

行きが下車収票だったから帰りも同じ下車収票とは限りませんので注意してください。

また降りる時は下車鈴を押します。

運転はかなり荒いので気をつけてください。

公ヤ.jpg


バスの路線、経路などが確認できます。悠遊網yoyonet

現地のコンビニや本屋さんにはバス路線図が売ってます。
posted by AROA at 16:27| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市内を走るバス(公車)

台北市内を走るバスは本数も多く、安いです。

ただ路線が100以上もあり入り組んでいるため、乗りこなすのは難しそうです。

同じ番号行き先表示なのに、表示の色が違うと走るルートが違ったりと・・・

ただ乗ってみると人間観察や街の雰囲気を楽しむのに最適です。

台北市内のメイン道路にはバスレーンがあります。

公共汽車.jpg


中央分離帯にあることが多いです。

ない場合は日本と同じように路線番号が書かれた看板が立ってますので見つけてください。

バスに乗る前に小銭を用意してください。

両替機がありません。(間違って入れてもおつりは貰えません)

市内だと大体1段(15元)で行けます。

2段は30元です。

posted by AROA at 12:33| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

歩行者・信号

台湾の歩行者信号機は青にかわるとカウントダウンを始めます。(ちなみに大阪では赤の時、あと何秒で青になるかをカウントダウンします)

これは「わかりやすくていいね」ってのんびり渡っていると、残り十秒をきると、この青い人が歩いていたのが、走り出すんです。

「なんだこれ!!』って感じで思わずつられて走ってしまいます。(笑)

信号.jpg


台湾に行くとまずガイドさんが台湾の交通事情について話してくれます。

台湾は歩行者優先ではなく、車優先ですと

このことを信号を渡るとき実感します。

歩行者妨害なんて言葉はないんでしょうか?

青で渡っていてもお構いなしに車が突っ込んで来ます・・・

歩行者は歩行者で「関係ないね!」ってな感じで渡っていきます・・・

だから一番いいのは現地の人にくっついて渡っていくのがいいです。

へたに怖いから急に走ったりしないほうがいいです。

車は歩いてる人の間をぬうように通っていきます。予想外の動きはダメです。

こんな運転が出来るんだからみんな運転が上手いと思ったらこれも間違いです!!

よく事故現場を目撃します。十分気をつけてください。

posted by AROA at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

MRT(台北運捷)の乗り方(改札を通ると)

切符を改札機に入れてバーを押して入ります。

mrt2.jpg


この時から2時間以内にどこかの駅で降りないと、罰金を取られます。

同じ駅では出入りは15分以内に。

これは、暑い時などに涼むためだけに駅に来る人を阻止するためです。

また車内では飲食喫煙はダメです。駅の構内でも限られたところだけがOKです。

飴をなめているだけでも見つかれば罰金を取られます。

厳しいようですが、携帯電話はOKです。かなり大きい声であちこちで話しています。
 
posted by AROA at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

MRT(台北運捷)の乗り方(切符を買う)

切符の買い方で日本との違いは、まずはじめに金額のボタンを押すところです。

はじめてMRTに乗ろうとした時、何回お金を入れても戻ってくるので壊れてるのかと思い隣の券売機へ、でもまた戻ってくる

「あれぇ??」と思い他の人を見てみると先にボタンを押していることに気づきました。

mrt.jpg


ヤンさんに「1.2.3.てでっかく書いてあるやん」と突っ込まれながらも切符を買うことができました。

券売機は小銭しか使えません。だから横のほうに両替機があります。

ここに1000元札を入れると両替できるのですが、それはそれは恐ろしいことが起こります。

日本風に考えると500元、100元×4、50元×2が出てくると思いますよね。

そうここは台湾!忘れてはいけません!

物凄い勢いで、50元硬貨がなんと20枚出てくるのです。

50元硬貨って日本の500円玉位の大きさです。当然取り出し口からは溢れ転がって行きます。

AROAとヤンさん、転がった50元拾いに走ります。

財布は硬貨でパンパンになりました。

皆さん両替機にはご注意を。

台北捷運公司(MRT)
posted by AROA at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (交通) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。