2006年09月22日

台湾素食(すうすう) 衆流素食A

次に出てきたのはお肉です!

豚肉.jpg


どっから見てもお肉です!実際、食べてみてもお肉です!

大豆でできたものなんですが、やっぱりお肉です!

豚肉を鉄板焼き風にしたものです。

味付けも黒胡椒がきいていて美味しかったです。

ご飯.jpg



今度はご飯ものです。

ピンク色だったので、梅味なのかと思ったんですが、味が違いました。

結局、これはなんだったのかわかりませんでした。

それと、ご飯の横にちょっとだけ写っているのが、豆干とパプリカの炒めたものです。
 
次に出てきたのが、スープです。と思っていたんですが違いました。

鮭?.jpg


こちらは鮭もどきをねぎとスープと一緒にいただきます。

はっきり言って、はずれはありません!

AROAこの時点でお腹いっぱいになってきてますが、店員さんは笑顔で料理を次々運んできます。

きのこ.jpg


これはきのこを炒めたものなんですが、とても変わったきのこです。

歯ごたえもコリコリしており、食べ応えもあります。

きのこの名前はわかりませんでした。

と思ってるんですが、もしかしたら大豆の加工したものかも?すみません聞くの忘れてました(お腹がいっぱいで思考回路が壊れてきてました)

これでもかこれでもかで料理が出てきます。(ちなみに写真に写っているのは1人分です)

お待ちかねの名物料理の登場です!

鶏肉.jpg


一品で頼むとパパイヤに乗っけて運ばれてきますが、こちらはアルミホイルで鶏の形にしたものに盛られて登場です!

こちらも、本当はきのこなんですが、食べた感じは焼き鳥です。

デザート?.jpg


メイン料理も出てきたことでさあデザートです。

このあたりまで来ると記憶が・・・

かすかに覚えているのは、ふわふわさくさくです。(何のことかわかりませんよね)

どうやら後から調べると山芋のフリッターを食べた感想のようです。

デザートというよりおやつで、あまり甘くなく懐かしい感じがしました。

さあ、食べ過ぎたしちょっと歩いて夜市で雪冰でもと話していると・・・

またまた料理が・・・ヤンさん「あ、そう、飲み物ね」と・・・

でもこれは・・・スープです。それも、たっぷりスープです・・・

スープ!.jpg


AROAとヤンさん、顔を見合わせ「・・・」お腹はすでに限界点を超えています。

普段なら、「食べれへんかったら、俺食べるし残しといていいで」と言ってくれるヤンさんですが・・・

AROAヤンさんに目で訴えますが・・・

ヤンさん、わざと目を合わさないようにしてます・・・

AROA、ここは自分との戦いです!(頭の中では「鳥人間コンテストの音楽が・・・)

意外に飲んでみると、あっさりしていてきのこが美味しいとか木の実がいいアクセントになってるとか、感想が言えるくらい記憶も戻ってきていました(笑)

なんとかスープも飲み干し、「さあ行こう」と立ち上がりかけると、店員さんがまたまた笑顔でやってきます。

そうこれが本当のデザートでした。

フルーツ.jpg


お饅頭jpg


すべて完食です!

はじめ、料理を頼む時にオーナーに「コース料理は量は多くないですか」と何度も聞いて「大丈夫、たべれるよ」と言われたので、信じて頼んですが・・・

台湾人の胃袋の標準はどれくらいなんだろうか?

日本で「精進料理は食べた気しいひん」と言っている人たちに是非!食べていただきたい!

ちなみにAROAたちが食べたこのコースは1人880元(約3300円)のコースです。

他にもう少し安いコースもあるようですが、そのコースには名物料理(焼き鳥もどき)がついてないそうです。

お腹がパンパンになったAROAとヤンさんはとりあえず歩いて、遼寧夜市へ、でもここって食べ物やさんばっかりの夜市だったんですね・・・

結局何も食べることなくホテル(第一大飯店)まで歩いて帰りました・・



















posted by AROA at 11:46| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ・台湾東西 (グルメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。