2006年06月01日

台湾バナナ

台湾フルーツと言えばやはりマンゴーかしら、でもあえて庶民派バナナを紹介!

台湾バナナはもともと日本人が日本のフルーツが品薄になる時期をカバーするために台湾で栽培、指導したのが始まりです。

だから、日本人の口に合うよう改良されており、おいしくないわけありません!






最近日本では、エクアドルやフィリピン産のバナナが幅をきかせていますが、戦前は台湾バナナが殆どだったそうです。(AROAさすがに生まれてません)

旅行に行ったとき、お土産やさんで台湾バナナチョコが売っていました。

珍しそうに見ているとお店の人が「最近の人は知らないのよねぇ、台湾バナナのこと」と言われました(良かった最近の人で)

そう言われたら、買わないわけに行かないので買って帰ることにしました。

すいません!あまり違いが分かりませんでした(汗)

きっとこの生のバナナなら違いが分かるんでしょう(笑)

台湾バナナの歴史を噛みしめ食べるのもいいかも。

小学校の給食でバナナが出たとき、クラスに1本か2本、シールつきのバナナがありました。

どれも同じなのになぜか、あのバナナが取り合いになり、見事獲得した子は、これまたなぜかおでこにそのシールを貼って給食を食べてた記憶があります(笑)

最近バナナが携帯できるこんな物が流行っています。








posted by AROA at 12:51| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ・台湾東西 (グルメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18690055

この記事へのトラックバック

マイルドで甘みタップリ♪フルーツの定番だ
Excerpt: 送 料 ご 案 内 右をクリック >> 3500円以上のご利用、あるいは佐川便で送料無料品でも、ヤマト便ご利用なら送料別途300円加算されます (沖縄・離島はヤマト便のみ..
Weblog: バナナを...
Tracked: 2007-09-05 03:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。